30年先の…


更新日: 平成26年08月27日(水曜日)  編集者: 管理者





国道458号改良促進特別委員会
7月に整備完了した大塚地内の歩道整備状況を視察、450mの歩道が完成したことにより大塚、近江の子どもたちの通学路の安全確保がより良くなりました。

主要地方道山形朝日線(上野〜西之表)通学路整備の進捗状況確認、上野の現中学校へ向う交差点の改善は早急に必要なので、あらためて要望しました。

山辺中山線の国道458号への読み替え整備計画の現場確認、中山町の県営球場交差点から調査開始になるが、30年先の完成計画となる予定。

道路整備は非常に時間がかかる事業なのだが…
時代の流れは早く、人口減少が加速する中、あっという間に状況が変化する現代、今ほしいと思っている道路が30年先に本当に必要なのか…
計画は計画として、臨機応変な対応が必要だと思います。

コメント投稿

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。


 
:arwright: トップへ  :arwright: 新着情報  :arwright: サイトマップ 
Total487493 7days1166 Yesterday112 Today064 IP check in 30 min Since 2011-01-26