山辺中学校


更新日: 平成26年11月07日(金曜日)  編集者: 管理者


木枯らし吹く季節となりましたが…
寒さを吹き飛ばす勢いで山辺中学校の改築工事は急ピッチで進行中です!

さて、完成が迫り、新中学校の全貌が明らかになりつつありますが、それと合わせて完成後に生徒たちが通学する道路などの安全対策をしっかりやらなくてはならないので、本日、山辺中学校建設特別委員会を開催し、教育委員会より説明を受け協議しました。

中学校は小学校と違い、通学路の指定はありませんが、入学時に通学する道路を届け、それをもとに学校側で指導する流れになってます。

今回、中学校の改築に伴い、通学路も変わるので、特に大寺方面から新中学校に通学する場合、県道山形朝日線が一番の通り道と想定されます。
(おーばんから上野、大寺へ通る道です)

そこは、県道なので、町単独では歩道整備などはできないので、町、議会からも県への重要要望事項の一つになってます。

現状、すぐには改修されないので、学校側では、西町→長沼公園経由の通学路を想定しているとのこと。

冬場は建設課と連携して、子どもたちの安全確保に努めるとのことでした。

いずれにしても子どもたちの安全確保が第一!
新しい学校になって、新しい通学路になる生徒が増えますので、地域の皆様には、これまで同様ご理解とご協力をお願いします。


また、自転車通学については、
文科省の遠距離通学の規定では
・小学校が4km
・中学校が6km

新校舎になっての通学距離
・熊沢が3.67km
・下原が3.5km
・東高館が2.9km
・大門が2.4km
となっており、対象外となります。

が、、自転車通学の可否は学校長の裁量で決定できるので、必要であれば、今後、PTAなどで協議課題とするのもひとつだと思います。

最後に、気になる完成時期です。

当初予定は12月1日でしたが、若干の遅れにより工期変更で、

平成27年1月30日

となりましたので、ご承知おきください。

なお、10月末現在の進捗率は、75%です。

公共事業が各地域で大幅に遅れている中、山辺中学校改築工事がほぼ工期通りに進行しているのは、請負業者の皆様の絶大なる努力の賜物だと思います。
ありがとうございます!

完成まで期待を膨らませて待ちましょう〜

工事の進捗状況は、下記よりご確認ください。
山辺中学校建設事業ページ
http://www.town.yamanobe.yamagata.jp/gyousei/22_chugaku/index.html

コメント投稿

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。


 
:arwright: トップへ  :arwright: 新着情報  :arwright: サイトマップ 
Total470542 7days1191 Yesterday146 Today065 IP check in 30 min Since 2011-01-26